スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
時には日常から開放されて…
日常の煩わしさを全て忘れ、
生活から完全に開放される時、
人は、はじめて本当の自分に触れることができます。

例えば、目的もなく、時間の拘束もなく旅をする…。
いつもとは違う音を聞き、いつもは違う空の色見て、
いつもとは違う風が肌に触れ…。
それは、いたく感動的なこと。
心に新鮮な感覚が蘇り、
生きていることを再認識させられます。

私たちは、日常に生きなければならないから、
時に、日常から離れてみることが必要です。
まるで、ピアノ弾きが、ピアノ弾きであるがゆえに、
時に、ピアノ弾きであることを一切忘れてしまうことが必要なように…。
スポンサーサイト
【2008/03/17 22:38 】
心の世界 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ピアノ弾きのしょうもない性…(^^;) | ホーム | ウィーン室内合奏団大阪公演>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pianotsurezurenikki.blog80.fc2.com/tb.php/318-8f696bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。