スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
レクイエム
ここのところ、夢中になって見たドラマ「SP」が、
最終回を迎えました。
う~ん、面白かった…というよりカッコ良すぎ(*^^*)!

ところで、このドラマの中では、
BGMとして、頻繁にレクイエムが使われていました。
それも、ヴェルディーあり、モーツァルトあり、フォーレあり…。
シーンに合わせて“Dies irae(怒りの日)”や“Laclimosa(涙の日)”が、
実に効果的に使用されていて、
それも、ただ表面的な効果を狙ったものでなく、
ドラマのテーマやシーンに隠された、
深い意味をあらわす音楽演出だったので、
かなり音楽的知識に長けた方のアイディアだと思います。

レクイエムは、モーツァルトにはじまって、
ブラームスのドイツレクイエムに至るまで、
当時の録音主流媒体であった、
カセットテープが伸びるまで、
一日中レクイエムばかり聴いていた時期がありまして、
(友人たちからは、暗いからあの部屋へは行くなと、
言われてましたが…(^^;)。)
つまりは、たまらなく好きなんですね…この手の音楽が。

…というわけで、私にとっては、
二倍楽しめたドラマでした(^^)。

スポンサーサイト
【2008/01/26 01:47 】
雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<蓮根と蒲鉾のわさびマヨネーズ和え | ホーム | オルガンで三度のエチュード>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pianotsurezurenikki.blog80.fc2.com/tb.php/290-f12fd763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。