スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
人生なにが幸いするかわからない…
もうとにかく、ち~っとも練習しない…(-_-;)、
一年間に仕上げる曲数は、片手でも指が余る…(-_-;)、
ただ、レッスン自体は苦にならず皆勤賞…(-_-;)、
…という生徒がいるのですが、
この生徒が、気づいてみると着実に力をつけているという、
勤勉な生徒にとって、非常に残酷な現実があるんですね~(-_-;)。

なぜか…?と考えてみる。

この生徒が、赤バイエルに費やした年数、丸6年。
早い話が、もう7年近くも、基礎教材のみで、
基本中の基本というべく読譜の第一段階のことばかりを、
繰り返しているわけであります。
いくら週に一度のことと言え、それが6年間にも及べば、
その集積たるや、かなりのものになるわけで、
そんなこんなが結果として、執拗な土台固めになり、
初見力に浄化してしまうほどの読譜力をつけてしまった…、
というわけんなですね~(-_-;)。

もちろん、土台は土台。
その上に、立派な家でも建てない限り、
土台のための土台で終わってしまうわけで、
それでは、ただのさら地と変わりないのですが、
その土台が、途方もなくしっかりと固まっていることもまた事実…(-_-;)。

のだめ&はりせん的ブラックジョークの関係で、
今日までやってきた私としては、
やはり、この基礎力をなんとか開花させる方法はないものかと、
思案してしまうわけであります…(-_-;)。
スポンサーサイト
【2008/01/10 23:52 】
レッスン室 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<なぜか縁のある五歳児 | ホーム | ブロッコリーと人参のサラダ>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/01/11 14:16】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pianotsurezurenikki.blog80.fc2.com/tb.php/283-e42912d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。