スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
抜き打ちテスト
ちょっと事情があって、
急遽明日の本番の伴奏を頼まれました。
このような機会は、現在の自分の音楽の能力が、
本当はいかほどのものかを試す、絶好の機会になります。

楽譜を一通り閲覧させていただき、
三度ほど通し演奏をしましたが、
全ての回に、自分なりの目標を作って初見に臨み、
自分に関する色々なことが、
手に取るようにわかったように思います。

これって、学校の勉強で言えば、
抜き打ちテストにたとえられるでしょうね。
準備をして臨む試験には、
記憶の力に頼れる点が多々あるでしょうが、
抜き打ちテストで取れる点は、
本当にその人の身になっていることだけです。

確実に、自分の身ついていること。
以前に比べて、格段によくできるようになったこと。
表面的には問題がないけど、
実はまだ足元が固まりきっていないこと。
そして、これではまだまだ通用しないこと。
全てあります。

うちに帰って、楽譜に書き込みを精細に入れ、
初見でやっつけ仕事になってしまった部分を、
整理しなおして見たのですが、
これが、考えなくてもその場で即座にできるようになった時、
はじめて、本当に力がついているということなのですね。

ある著名な音楽家が、
「音楽家としての完成は、フーガの即興演奏である」
と言ったそうですが、
ピアニストと呼ばれる人は、
少なくとも、3声の初見演奏が達者にできる能力が、
必要なのではないかと、私は常々思っています。

まだまだ、道のりは遠いです。
スポンサーサイト
【2007/12/15 00:45 】
ピアノ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<テーブルにお花! | ホーム | ワンコもなかなか捨てがたい!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pianotsurezurenikki.blog80.fc2.com/tb.php/259-2cc1d2ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。