スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
出会いにおける先入観
ある人とある場所で知り合って、ある印象を持つ。
でも、その印象は、その場にいるその人の印象であり、
つまり、その人がその場で表現していることから受ける、
一面的な印象でしかありません。

時を変え、場所を変え、そして取り巻く人々が変わって、
同じ人との交流を持った時、
“へぇ~、この人ってこんな人だったんだ!”と、
その意外性に驚くことが、私には、よくあるのです。

人間は、とても多面的な生き物です。
ことに公の場では、TPOに応じて、
自分のある特定の面だけを表現していたり、
むしろ、自分の本質とは正反対の面を、
演じなければならないことも、ままあります。

おとなしくて、なんだか暗いな…と思っていた人が、
実は、ユーモアのわかる明るい人だったり、
律儀で堅苦しそうと感じていた人が、
実は、結構、ザックバランな人だったり…。
つまりそれは、その人のそういう面が全てだという、
先入観に囚われてしまっていたわけですね。

だから、例えば誰かに苦手意識を持ったとしても、
もしかしたらそれは、時間と場所を限定された、
単なる先入観なのかもしれないのです。

実際、何年も後になって、
その人との、全く違った素晴らしい出会いが、
これまでに、いくつもあったわけですから。

多くの人と出会うことは大切なこと。
でも、もしかしたら、
一人の人のいろんな面と出会えるように、
常に自分を柔軟にしておくことは、
それ以上に大切なことなのかも知れないのです。
スポンサーサイト
【2007/11/17 00:43 】
心の世界 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ルーマニア民族舞曲 | ホーム | リズムの不思議>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pianotsurezurenikki.blog80.fc2.com/tb.php/231-83734907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。