スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
最低限必要な知識
作曲者の書いた楽譜を読譜し、それを音にし、
さらに、それを自分自身の音楽にしていく。
作品をアカデミックに仕上げようと思えば、
誰でもそのための最低限の知識、
つまりは方法論のようなもの知っておく必要があります。

これは、数学でいえば公式的なもの、
つまり、こればかりは、覚えていなければ問題が解けない、
といった類のものですが、
ピアノの練習方法の中のそういうものを知ることによって、
レッスンがその場しのぎになることを避けることができるのです。

ただ、最低限といえども、
それは決してほんの一握りというものではなく、
やはり、ある程度の期間集中的に勉強をして、
やっと身につくものだというのが現実でしょう。
ピアノの勉強には、本当に時間がかかります。
でも、その長い道のりの最短コースを辿るには、
やはり、小さな問題を一つ一つ乗り越えていく以外に、
良い方法はないのです。


スポンサーサイト
【2007/11/07 00:38 】
レッスン室 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<全てものごとには時がある | ホーム | 6手連弾「ホール・ニュー・ワールド」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pianotsurezurenikki.blog80.fc2.com/tb.php/221-eb3fd2da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。